フランス語の文法書おすすめ2冊を紹介、初心者向け・中級〜上級者向け

2015年05月09日      2016年11月24日

本屋さんに行ってみるとフランス語の文法書は数多くありますが、一口にフランス語の文法書といっても様々な種類があるのでどの文法書を選べばいいのか迷っている方もいるのではないでしょうか。

そんなフランス語学習者のために今回は、1)初心者の人でも分かりやすい問題・解説付きでこれ一冊あれば安心という文法書と、2)中級~上級レベルのフランス語文法を網羅している文法書を一冊ずつ紹介します。

どちらも書店で簡単に手に入れることができるので文法書をお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

フランス語の教科書が豊富な都内の本屋さん4選

1. フランス語初心者~中級者におすすめ『魔法の仏文法』

基本をおさえる魔法の仏文法―不思議とマスター、フランス語への近道

タイトル 基本をおさえる魔法の仏文法―不思議とマスター、フランス語への近道
ジャンル 文法書
難易度 初心者~仏検準2級
到達可能レベル 仏検準2級レベル
使用目的 フランス語の基礎文法を知る,フランス語の初級文法を復習する
対象者 フランス語学習歴0ヶ月~1年,大学で第二外国語としてフランス語を履修している人,料理人やパティシエなどを目指す専門学生,独学でフランス語を学習する人

「基本をおさえる魔法の仏文法」の説明

●簡潔な文法説明で分かりやすい。●「ポイント」で要点がわかる。●「ステップアップ」でさらに発展的なことが学べる。●復習コーナーで理解度がチェック出来る。●練習問題で理解度がチェックできる。●解答につけられた「ポイント」で疑問点が解消する。

http://www.e-surugadai.com/books/isbn978-4-411-00503-8 より引用

「基本をおさえる魔法の仏文法」の解説

基本をおさえる魔法の仏文法―不思議とマスター、フランス語への近道

「基本をおさえる魔法の仏文法」ではフランス語のアルファベットや発音はもちろん、動詞の活用や形容詞の性数一致など初心者が躓きやすい点をフォローしてくれます。

それだけでなく、一通り文法を習った人も復習・基礎固めとして半過去と複合過去の違いや代名動詞などステップアップするために求められる実力をつけることのできる良書です。

フランス語の基礎知識が無くても理解できるように例文と図解が豊富な点も初心者には優しい点の一つです。解説も簡潔で理解しやすいのでこれからフランス語を学んでいきたい人・さらに基礎力を固めたい人にとっては手放すことのできない1冊です。

マイナスポイント・気をつける点

この「基本をおさえる魔法の仏文法」を終わらせると一通りフランス語の文法は学習したことになります。しかしフランス語を実際に運用していくためには単語や熟語の増強が必須なので必ず他の単語帳・熟語帳と組み合わせて勉強することをおすすめします。

文法レベルではフランス語検定準2級レベルに到達可能ですが、準2級を突破するには同程度の語彙力も必要なので、この文法書と並行して語彙力も増やしていくとよいでしょう。

フランス語の語彙力を増やすなら、文章を読みながら単語・熟語を勉強できる今すぐ覚える音読フランス語や、仏検に対応したレベル別の熟語と例文が載っている仏検対応 クラウン フランス語熟語辞典がおすすめです。

この2冊はフランスブックスというフランス語参考書のレビューサイトでも評価が高い単語帳・熟語帳なので間違いなしです。

フランスブックス-フランス語の参考書、文法書、単語帳のレビューサイト

「基本をおさえる魔法の仏文法」の使い方

「基本をおさえる魔法の仏文法」は文法書の中では比較的スマートでかさばらないので、常に持ち歩いてフランス語力の向上を目指すにはピッタリです。私もフランス語を始めたばかりの頃は常に持ち歩いて、分からない文法に出会った時に参照していました。

フランス語をこれから始める人は、最初のページから順番に学習していく勉強方法をおすすめします。ノートを使って文法事項をまとめながら進めていくと内容理解が深まります。

ある程度フランス語の基礎文法を身につけている人は、不安な文法項目を復習しながら文法の力を着実にレベルアップさせていきましょう。

「基本をおさえる魔法の仏文法」の価格

価格は2000円前後ですのでフランス語文法書の中では中程度の価格帯といえるでしょう。フランス語の参考書は学習者の少なさから英語と比べると軒並み高めの値段設定がされています。

2. フランス語中級者~上級者(を目指す人)におすすめ『現代フランス広文典』

現代フランス広文典[改訂版]

タイトル 現代フランス広文典[改訂版]
ジャンル 文法書
難易度 仏検準準2級~仏検1級
到達可能レベル 仏検準1級~1級レベル
使用目的 フランス語文法を完成させる
対象者 フランス語学習歴6カ月~

「現代フランス広文典」の内容

現代フランス広文典[改訂版]

「現代フランス広文典」はフランス語の文法を網羅したといってもよいほどの、完成度の高い文法書です。すべての文法項目に詳しい記述があり、困ったときはこの文法書に頼れば解決するといった感じです。

直接書き込んでいったり、不安が残る文法項目ページに付箋を貼ってすぐに確認できるようにしておくという使い方もできます。

この文法書は初級レベルの文法書で一通り基礎文法を学んだ人で、もう少し上のレベルの文法書を手に入れたいという人におすすめしたい文法書です。フランス語のニュースや新聞記事、専門的な分野を勉強する予定のある人にとって上級レベルに進む前に理解しておきたい文法項目が網羅されています。

大きさはほかの文法書と同じくらいですがハードカバー使用でずっしりとしたタイプの文法書です。本のデザインがいかにも文法書という感じがして格好いいです。

「現代フランス広文典」の使い方

この文法書に関しては最初のページから順番に勉強していく方法はあまりおすすめできません。なぜなら本書は一から文法を学ぶための文法書ではなく、今ある知識をさらに深めるための文法書だからです。

おすすめの使い方は、完璧に理解をしていないと感じる文法項目のページをじっくり見ることです。今まで使ってきた文法書には書いていない記述があるはずなので新しく理解した内容や覚えておきたい項目をノートなどにまとめる方法がさらなる理解を深めます。

「現代フランス広文典」の価格

価格は4000円前後ですので、他の文法書と比べると若干高めですが、この文法書を持っていれば他の文法書は必要なくなります。語学の習得は学習手段に大きく依るものなので先行投資として購入することを勧めます。

フランス語の文法書おすすめ2冊を紹介のまとめ

以上2冊の文法書、『魔法の仏文法』と『現代フランス広文典』を紹介しました。数多くの文法書の中から自分に合ったものを探すのが一番ですが、あまりに種類が多いので今回はおすすめの2冊を初心者用・中級者~上級者用に絞ってお伝えしました。

このほかにも良いフランス語文法書は多くあるので、まずはお近くの本屋さんに行っていろいろと見比べてみてください。ポイントとしては内容の充実度対象レベル重さ(いつも持ち歩くため重さも重要です)の3点を参考としてみるといいかもしれません。

フランス語参考書が単語帳、長文読解、文法書のようにジャンル別で評価されているフランス語参考書のレビューサイトが新しく始まったので、こちらのサイトもおすすめです。

フランスブックス-フランス語の参考書、文法書、単語帳のレビューサイト

このページが役に立ったらいいね!
最新情報が届きます。

Twitter で