2016年度センター試験フランス語の解答と解説 第1問-第5問

2016年01月17日      2017年01月15日

2016年1月16日に行われたセンター試験フランス語の問題を解答と共に1問ずつ解説します。フランス語のセンター試験の問題は私立大学入試問題にも通ずるところが多いので、このページで問題の解答と解説を見ながらフランス語文法についての知識を振り返りましょう。

フランス語のセンター試験の難易度や平均点は「フランス語のセンター試験が簡単って本当? フランス語のセンター試験を分析・解説」で詳しく説明しています。

pdf版の問題と解答はこちらから閲覧が可能です。

2016年度センター試験フランス語問題pdf
2016年度センター試験フランス語解答pdf

第6問から第8問は「2016年度センター試験フランス語の解答と解説 第6問-第8問」で回答と解説を見ることができます。

※2017年1月15日追記

2017年度大学センター試験フランス語の問題の解答と解説はこちらから閲覧が可能です。

2017年度センター試験フランス語(仏語)の解答と解説

第1問 – 発音問題

第一問は例年通りフランス語の発音問題でした。4つの選択肢から1つだけ仲間外れの発音を探して答える問題形式となっています。配点は1問あたり2点、すべて正解で10点の配点です。

問1
1. chef
2. nerf
3. neuf
4. sauf

nerfのみ語尾のfを発音しません。それ以外はすべて語尾のfを発音します。

問2
1. nom
2. ombre
3. pompe
4. tome

tome以外はmの部分が[n]の発音になります。名詞のnomは基本語彙ですが誤って発音を覚えている人が多く見受けられます。注意しましょう。

問3
1. dixième
2. luxe
3. mixte
4. taxi

dixièmeのみxの部分が[z]となり、音が濁ります。

問4
1. accroître
2. armoire
3. égoïste
4. poêle

oiは[wa]という発音ですが、égoïsteではoïと書かれているようにiの上にトレマが付いているので[oi]という発音になります。

問5
1. en hiver
2. un bon étudiant
3. un ouvrier
4. un pain au chocolat

第1問の問5は例年リエゾンやアンシェンヌマンについての問題が出題されます。4番のみが前後の単語の音がつながりません。

第1問概説
第1問の出題内容は例年と変わらず発音問題が5問出題されました。難易度に関しても、とりわけ難しい問題は見受けられず、高得点を狙う受験者にとっては安心できる内容でした。

第2問 – 短文把握問題

第2問も例年と同じ形式の問題が出題されました。見出しの文と最も意味の近い文を4つの選択肢の中から選ぶ問題です。1問あたりの配点は3点、すべて正解で18点です。

問1
Elle m’a mis au courant de son départ.
1. Elle est partie en courant.
2. Elle m’a annoncé son départ.
3. Elle n’est pas partie avant moi.
4. Elle ne m’a pas prévenu de son départ.

mettre 人 au courant deは「~を人に伝える」という意味の熟語です。同じ意味を持つのはannoncer「~を~に伝える」なので2番が正解です。

問2
Tu dois continuer tout droit.
1. Tu dois aller dans la même direction.
2. Tu dois avoir la permission pour passer.
3. Tu dois toujours faire des progrès.
4. Tu dois tourner à droite.

tout droitは「まっすぐに」という意味を持つ副詞句です。近い意味を持つ表現は1番で用いられているdans la même direction「同じ方向に」です。

問3
Cette histoire reste entre nous !
1. Écoutons cette histoire !
2. N’oublie pas cette histoire !
3. Ne parle de cette histoire à personne !
4. Racontons cette histoire à tout le monde !

entre nousは熟語で「ここだけの話で」という意味を持ちます。

問4
Faute de temps, il n’a pas fait la lessive.
1. Ce n’est pas bien qu’il n’ait pas fait la lessive.
2. Ce n’est pas nécessaire qu’il fasse la lessive tous les jours.
3. Il n’a pas fait la lessive à cause du mauvais temps.
4. Il n’a pas fait la lessive car il n’avait pas assez de temps.

faute de~で「~が無かったので」という理由文を作ることができます。

問5
Ça m’est égal de voyager seul.
1. Ça ne me dérange pas de voyage seul.
2. Ça ne me plaît pas de voyager seul.
3. Je ne veux absolument pas voyager seul.
4. Je ne voyage jamais seul.

ça m’est égal deとça ne me dérange pas deは同じような意味を持つ熟語です。言い換え問題でも頻出なので押さえておくべきパターンです。

問6
Elle se distingue par son talent.
1. Elle connaît bien son propre talent.
2. Elle ignore son talent.
3. Son talet la rend remarquable.
4. Son talent n’est pas suffisamment reconnu.

3番が正解になります。rendre 人 形容詞という形で「人を~にする」という意味を持ちます。3番の文では無生物であるson talentが彼女をremarquableにするという意味です。

第2問概説
第2問も例年通りの内容でした。基本的な熟語表現をおさえていれば点数を落とすことのない難易度の低い問題が6問とも出題されました。

第3問 – つづり字問題

Aパート

4つの選択肢の中から下線部に当てはまる部分を持つものを選択する問題です。配点は1問3点です。

問1
Ceci est possible.
Ceci est impossible.
On est heureux.
On est ___heureux.

1. anneau
2. désormais
3. malgré
4. vin

下線部にはheureuxの対義語malheureuxの接頭辞malが入ります。対義語は毎年出題されるのでパターンを把握しておく必要あがります。

問2
Il faut téléphoner au professeur.
Téléphone au professeur.
Il faut appeler la police.
App___ la police.

1. élément
2. grêle
3. modèle
4. poubelle

2人称単数形=tuに対する命令法現在の活用語尾を問われる問題です。er動詞の命令法現在形tuの活用は語尾のsを落とすのが特徴です。

問3
Il trouve 5 euros.
Il a trouvé 5 euros.
Il perd 5 euros.
Il a per___ 5 euros.

1. carte
2. durer
3. paradis
4. télévision

動詞perdreの過去分詞を問う問題です。例外的な過去分詞を持つ動詞は私立大学の入試問題でも狙われやすいので一通り押さえておきましょう。

問4
Le chemin est court.
La route est courte.
Le couloir est long.
L’allée est lon___.

1. bougie
2. catalogue
3. ménagère
4. sagesse

形容詞longの女性形を答える問題です。一般的な形容詞の女性形は男性形の語尾にeを付けるだけですが、longの場合はlongeとすると音が変わっていしまうのでそれを避けるためにlongueと書きます。

問5
Le médecin me conseille.
Il me donne des conseils.
Le médecin m’autorise à sortir.
Il me donne l’autoris___ de sortir.

1. actualité
2. cage
3. ordure
4. station

名詞の語尾を答える問題です。-tionで終わる名詞はほぼすべてが女性名詞です。

Bパート

4つの選択肢の中から下線部に当てはまる最もふさわしい単語を選択する問題です。配点は1問3点です。

問1
J’ai froid aux mains.
Je mets des gants.
J’ai froid aux pieds.
Je mets des ___.

1. boutons
2. bracelets
3. chaussettes
4. lunettes

手に着ける防寒具がgants「手袋」なのであれば、足に着けるものはchaussettes「靴下」となります。

問2
Elle travaille beaucoup.
Elle est active.
Elle parle beaucoup.
Elle est ___.

1. bavarde
2. calme
3. mince
4. timide

bavardeは「おしゃべりな」という意味を持つ形容詞です。動詞のbavarder「おしゃべりをする」も一緒に覚えておきましょう。

問3
Laura est la fille de ma sœur.
Elle est ma nièce.
Théo est le fils de ma sœur.
Il est mon ___.

1. cousin
2. neveu
3. oncle
4. petit-fils

家族や親戚をフランス語でどのように言うのかを問われる問題です。このような基本的な語彙もセンター試験では出題されるので満遍なくフランス語の知識が必要になります。

第3問概説
第3問のつづり字問題は例年並みの難易度でした。とりわけ注意するような問題は出題されず、フランス語検定3級程度の実力があれば容易に解ける内容です。

第4問 – 文法問題

4つの選択肢の中から文法的に正しいものを選択する問題です。1問あたりの配点は4点です。

問1
Vous avez un train pour Osaka ___ les vingt minutes.

1. chacun
2. chaque
3. tous
4. toutes

tous les + 男性名詞複数形、もしくは toutes les + 女性名詞複数形で「~ごとに」という意味になります。

問2
___ est-ce que tu t’en vas maintenant ?

1. Pourquoi
2. Qu’
3. Quand
4. Qui

1番のPourquoiが入ります。t’en vasはs’en allerという動詞表現であり、「立ち去る」という意味を持ちます。

問3
On n’a jamais ___ crié.

1. autant
2. même
3. si
4. très

autantは副詞で「これほど~」という意味を持ちます。

問4
___ une soirée, ce n’est pas facile.

1. Organisant
2. Organisé
3. Organisée
4. Organiser

動詞の不定詞はそれだけで名詞の役割をします。この文ではOrganiser une soiréeが一つの名詞句になっており、「パーティーを主催すること」という意味の主語になっています。

問5
Pourvu qu’il ___ mon message !

1. recevra
2. recevrait
3. reçoit
4. reçoive

pourvu queは接続法を伴う表現です。独立節で「~であればよいのだが」という意味になります。

問6
Du lait, il ___ boit au petit-déjeuner.

1. en
2. le
3. se
4. y

代名詞enは部分冠詞を伴った名詞を置き換える力を持っています。

問7
Mon fils a acheté la guitare qu’il ___ depuis longtemps.

1. veuille
2. voudra
3. voudrait
4. voulait

動詞の時制を問う問題です。ここでは直説法半過去のvoulaisが適切です。

問8
Nous sommes ___ la protection de l’environnement.

1. après
2. en
3. par
4. pour

être pourで「~に賛成の」という意味になります。対義語はêtre contre「~に反対の」です。

第4問概説
第4問は他の大問と比べて受験生を悩ませる問題が多かったです。特に問3では品詞に関する理解や問6では接続法を伴う表現を問う知識問題が出題されたので点数を落とす受験生が多くいたのではないでしょうか。

第5問 – 会話問題

2人の会話の中で空欄になっている部分にふさわしいものを4つの選択肢の中から選ぶ問題です。1問あたりの配点は5点です。

問1
A: As-tu lu le livre que je t’ai prêté ?
B:
A: Dans ce cas, je t’apporterai le deuxième volume demain.

1. Non. Je n’ai pas une minute à moi.
2. Non. Je ne l’ai pas encore commencé.
3. Oui. J’ai même déjà lu la suite.
4. Oui. J’ai très envie de lire la suite.

Aの人が2回目の発言で2巻目を君に渡すと言っていることからBの台詞が4であると想像がつきます。

問2
A: On va au restaurant ce soir ?
B:
A: D’accord, je vais le faire tout de suite.

1. Non, je rentre chez mes parents.
2. Oui, mais je dois d’abord changer de vêtements.
3. Oui, tu peux réserver une table ?
4. Pourquois pas. Dans quel restaurant ?

最も会話がスムーズに進行するBの返答は3番です。Aの人の2回目の発言にあるD’accordという返事に注目すれば選択肢が絞れるはずです。

問3
A: Cette actrice a très bien joué !
B:
A: C’est vrai qu’elle n’avait pas le rôle principal.

1. En plus, elle était toujours sur scène.
2. En plus, sa robe était magnifique.
3. Mais la salle était trop petite, c’est dommage !
4. Mais on ne l’a pas beaucoup vue, c’est dommage !

Aの人が2回目の発言でBに同意しています。Aの1回目の発言とつながっていることが分かるので4番が正解になります。

問4
A: Tu as l’air fatigué. Qu’est-ce qui t’arrive ?
B:
A: Tu n’as qu’à lui dire d’arrêter.

1. J’ai passé ma nuit au bureau.
2. Je ne dors pas assez ces jours-ci.
3. Ma fille est malade depuis hier.
4. Mon voisin fait du bruit la nuit.

Qu’est-ce qui t’arrive ?は「何かあったの?」という意味です。このことから想像してBに何か不満があるということがわかります。

問5
A: On m’a donné des citrons.
B: Faisons un gâteau !
A:
B: Ne t”inquiète pas. Je vais vite en acheter.

1. Bonne idée ! Mais, il n’y a plus de sucre.
2. Mais papa n’ime pas beaucoup ça…
3. On va chercher la recette sur Internet.
4. Très bien ! J’ai une bonne recette.

Bの2回目の発言からさかのぼって何を買いに行くのか考えれば容易に答えを見つけることができます。

第5問概説
第5問は1問あたりの配点が5点と高い問題です。会話の状況を想像すれば単語の意味が分からなくても答えを絞ることができるので、会話が行われているシーンを考えてみましょう。難易度自体は例年通りで難しいものは出題されませんでした。

第6問から第8問は「2016年度センター試験フランス語の解答と解説 第6問-第8問」で回答と解説を見ることができます。

このページが役に立ったらいいね!
最新情報が届きます。

Twitter で