【フランス語文法】性数変化する疑問形容詞の作り方と意味を例文とともに解説


フランス語の疑問形容詞とは何か

  • 修飾する名詞の性数に一致する。
  • 文頭に疑問形容詞が置かれると、その節の主語と述語が倒置する。

フランス語にも英語と同じように疑問形容詞が存在します。英語ではWhat is your name ?「あなたの名前は何ですか?」やWhat is your favorite food ?「好きな食べ物は何ですか?」などの文に含まれるwhatがフランス語ではquelという単語に置き換わって用いられています。

この疑問形容詞quelは英語と異なり、修飾する名詞の性と数によって形が変化するため、その変化のパターンをこのページではまず学習していき、次に疑問形容詞quelを使った例文を見ていきましょう。

フランス語の疑問形容詞の性数変化の仕方

男性単数=原形 女性単数 男性複数 女性複数
quel quelle quels quelles

疑問形容詞は普通の形容詞と同じように、男性単数形=原形をもとに語尾を変化させることで女性形や複数形になります。

女性単数形は原形quelの語尾がelで終わるため、語尾の子音lを2つ重ねてからeを付けてquelleという形になります。

  • quel
  • quelle

男性複数形は原形の語尾にsを付けてquels

  • quel
  • quels

女性複数形は原形の語尾にlesを付けてquellesになります。

  • quel
  • quelles

quelの持つ意味と使い方「何の~」「どんな~」「何~」

疑問形容詞quelは修飾する名詞の性と数に応じて形がquel、quelle、quels、quellesのいずれかになります。まずは下の例文を見てみましょう。

  • Quel genre de musique aimes-tu ?
    どんなジャンルの音楽が好きですか?

この例文ではquelが修飾している名詞、genreが男性名詞単数形なので、原形であり男性単数形であるquelが使われています。

フランス語の疑問文の倒置

次の文のようにフランス語の疑問文は主語と動詞の語順が倒置(語順が逆になること)しています。

  • Quel jour est-il aujourd’hui ?
    今日は何日ですか?

詳しくは疑問文の作り方3種類(イントネーション・Est-ce que・倒置疑問文)、使い分けと否定疑問文を解説のページで紹介していますが、文頭に疑問形容詞が置かれるとその後の語順が以下のように倒置します。

  • quel + 目的語 + 動詞-主語 ?

次の2つの例文では疑問形容詞が修飾する名詞の性によって疑問形容詞の形がそれぞれquelとquelleに変わっています。

  • Quel âge as-tu ? / Tu as quel âge ?
    君は何歳?
  • Quelle est votre adresse ?
    あなたの住所は何ですか?

このページが役に立ったらいいね!
最新情報が届きます。

Twitter で